DMの作成を行う前に知っておくべきこと

DMの作成を行う際に事前に知っておいた方が良い事を分かり易く説明します

DM作成費用を抑える方法を解説します

DM作成に掛かる費用とは、ダイレクトメールとして送付するための印刷物の製作コスト、ダイレクトメールを広告郵便として発送する時の申請手続きや封筒への広告チラシの封入作業や通常郵便としてダイレクトメールを送付する時には切手貼りなどの作業コストも掛かります。印刷物の製作コストには、広告チラシを作るために掛かる費用と印刷に掛かる費用に分ける事が出来ますが、広告チラシの製作を内製化する事でダイレクトメールのコスト削減にも繋がります。ちなみに、代行会社の中には広告チラシの企画から発送手配まですべてを請け負ってくれる専門業者もあり、こうした業者を利用する事で、リーズナブルな価格ですべての作業を依頼出来る等のメリットもあります。しかしながら、少しでも経費を安くするためには社内で出来る作業には何があるのかを考える事も大切です。

広告チラシの印刷データはパソコンで作成

DMとして送付する広告チラシは、普段業務で使っているパソコンを利用して製作する事も可能です。普段使っているパソコンの中には文書を製作するためのソフトウェアが入っているなどの場合、使い慣れたソフトウェアで製作を行えば良いのです。もし、発送部数が100部や200部などの場合、オフィスにあるプリンターを使って印字を行っても良いですし、印刷会社にデータを渡せば品質の高い広告チラシを製作する事も可能です。社内で製作する広告チラシは印刷用データとして使用する事が出来るので、制作会社などに依頼をしなくても良くなりますし、内製化する事で広告費用の削減にも繋がります。尚、社内で製作した印刷データは、印刷通販サイトなどを利用してデータ入稿サービスを使えば即日印刷対応を行ってくれるお店も多くあるのでお勧めです。

オンデマンド印刷が可能な印刷通販サイトを利用

データ入稿を利用出来る印刷通販のお店が多くあるので、社内で作成したDMチラシ広告用データを使えば格安価格で印刷物を製作してくれます。尚、印刷物が完成するまでの日数は印刷の方法などにより異なります。例えば、オフセット印刷などの場合は、印刷データを使って面付けを行い、フィルム焼き付けなどの製版工程が必要になるため、ある程度の日数が掛かります。また、製版工程が必要になるので印刷のコストも高くなってしまうのです。その点、オンデマンド印刷の場合は、入稿が行われた印刷データに不備がなければ即日印刷を開始出来るので、短期間で広告チラシが必要な時や広告チラシに日付などを記載している時などはオンデマンド印刷が便利です。そのため、印刷通販店を選ぶ時には、オンデマンド印刷に対応しているお店を選ぶのがお勧めです。

Theme by Anders Norén