DMの作成を行う前に知っておくべきこと

DMの作成を行う際に事前に知っておいた方が良い事を分かり易く説明します

DM作成にかかる費用とは相場を調べてみました

DMは不特定多数の人々に広告チラシを送付する事で広告チラシに掲載してある商品やサービスに魅力を感じると購入やサービス利用が行われ、利益に結び付くなどの特徴があります。最近は、広告チラシの企画から制作、印刷、発送代行などを一貫して行ってくれる代行業者も多くなっており、従来は社内でチラシ広告を作成し、自分達で封筒に広告チラシを入れて、封筒には宛名印字を行い、切手を貼りつけるなどで郵便物として送付を行っていたものをすべて依頼が出来る便利な業者さんが多くなっています。すべての作業を会社の中で行えば、作業中は他の業務がストップしてしまうので可能な限り制作は外部委託をしたいなどを考える企業が多くある事やダイレクトメールは興味を持つ人を絞り込みして送付する事でより多くの利益に結び付くなどのメリットもあるマーケティング手法です。

ダイレクトメールはどのようにして作られるのか

DMの作成においては、送付先の選出や広告チラシの製作、印刷、宛名印字や封筒への広告チラシの挿入作業、広告郵便として発送する場合には、郵便局に申請手続きを行うなどが必要です。すべてを専門業者に依頼すれば楽ではありますが、ダイレクトメールは広告宣伝費で送付するものであり、予算内で収めなければならないため、すべてを専門業者に依頼すると予算が不足してしまうケースも出て来ます。しかし、代行業者は1社だけはなく、多数の専門業者があるため、見積もりを依頼して費用相場を把握しておけば、予算内で収める事が出来る代行業者を見つける事が出来るようになります。また、広告チラシの印刷を行う場合、オンデマンド印刷に対応している業者さんを利用する事で、印刷のコストを下げる効果にも繋がります。

期日が記載してある広告チラシも安心

オンデマンド印刷でDM作成を行う企業が多くなっている理由は、通常印刷を行う際に必要な製版が要らなくなるため、印刷のコストを抑える事が出来る点や作業工程が減るので納期が早いなどのメリットがあるからです。DMとして送付する広告チラシの中には期日が記載してあるケースもあります。例えば、3月末までなどのように期間限定で広告チラシを送付したいケースもあり、最短納期で印刷が出来るなどが求められます。また、広告郵便で送付する場合には申請手続きが必要であり、手続きをスムーズに行わないと期日までに送付が出来ないケースもあります。代行業者の場合は経験等を豊富に持つため、スピーディーな対応で申請手続きを行ってくれる事からも、広告チラシに記載してある期日を活かせる効果にも繋がります。

Theme by Anders Norén