DMの作成を行う前に知っておくべきこと

DMの作成を行う際に事前に知っておいた方が良い事を分かり易く説明します

効果的なDMを作成するコツをご紹介

DMを作成する際、伝えたいことを盛り込むだけでなく、読む人の気持ちを考えることが必要不可欠になります。伝えたい内容を工夫して文章化するのではなく、伝えたい内容が頭に入るように編集しなければなりません。まず、誤字脱字をなくすことが重要です。どれだけ価値ある内容になっていたとしても、誤字脱字があれば集中力が削がれてしまい、瞬間的に気持ちが冷めてしまいます。冷静になってしまい、購入してほしいと思っている商品が無視される可能性が高くなるので、よく見直しすることを忘れてはいけません。そして、見やすいように長文を空行で挟んで区分化し、ストレスなく読めるようにしましょう。これによって長文であったとしても、読みやすいため、最後まで目を通してもらえるようになります。

心理テクニックを施したメールが効果的

DMを送る目的は、商品を購入してもらうことであり、売上げを向上させなければなりません。そこで、ただお得な情報を送っていると伝えるのではなく、言葉の使い方に注意して、顧客の心理の購買欲を上げてあがると良いでしょう。今しか手に入れられない商品や、期間限定で割引セールすることを告知すれば、思わず『欲しい』や『手に入れたい』と思われるようになります。これは、商品の限定性を利用したもので、希少価値を感じるものに魅力を感じるテクニックです。DMを作成する場合、必ず入れておきたいテクニックになり、心理的に誘導することができるので、使いどころを考えて導入しましょう。注意として、限定性ばかりを推してしまうと、売りつけられている感覚に陥り、顧客が離れる可能性があるので、しつこさは避けましょう。

確実に読んでもらうメールにする

DMによって直接情報提供できても、読んでもらわなければ意味がありません。スパムメールと一緒にゴミ箱に捨てられる恐れがあるので、工夫して送信しましょう。作成することばかりに力を入れず、タイミングを見計らう必要があります。メールが最も読まれるタイミングは朝と夜なので、その時間に送信するようにしましょう。また、より確実に読んでもらうために、件名にインパクトを与えると良いです。ただ『お得情報』としてしまうと、顧客の心は揺れず、よくあるスパムメールと判断してしまうでしょう。だから、思わず『えっ!?』となるような言葉を使い、開封して内容を確認したくなるような件名が理想的です。場合によっては内容とは関係のない件名でも良く、内容を読んでもらうことが目的なので、件名で興味を引きましょう

Theme by Anders Norén