DMの作成を行う前に知っておくべきこと

DMの作成を行う際に事前に知っておいた方が良い事を分かり易く説明します

DM作成する際の基礎知識を解説します

DM作成する際、まず最後まで読んでもらうことを考えなければなりません。どれだけ良い内容でも、どれだけ価値ある情報が含まれていたとしても、読んでもらわなければまったく意味がありません。だから、基礎として、顧客が読みやすいと思うように編集しなければなりません。伝えたいことが多ければ、その分長文化してしまうため、読みづらくなってしまいます。この長文を改行と空行を使い、空白部分を増やすと良いでしょう。これによって読むストレスがなくなる上に、読みやすくなるので、最後まで読んでもらいやすくなります。3から4行ことに改行または空行を2から3行挿入し、文章を塊で表現するテクニックになります。後は、誤字脱字のチェック、不自然な句読点の排除、切り良く文章を区切れているかチェックしましょう。

DMに価値を与える『限定マル秘情報』

DMを顧客に送る際、それを受け取るだけの価値があることを分かってもらう必要があります。つまり、受け取った顧客が、『これは読む価値がある』と思う情報が含まれていなければなりません。その価値を簡単に生み出す方法としてオススメなのが、限定情報を組み込むと良いでしょう。受け取った人限定でセールをする、期間限定で割引セールをする、限定数個の特別商品のご案内といった希少価値のある情報を作成時に組み込むと、価値が高くなり、読む意味が生まれます。人は『限定』や『希少性』に魅力を感じる生き物なので、それを文章で心理誘導すると良いでしょう。この情報を受け取った人のほとんどは即行動してくれるので、売上げ向上に直結します。仮に目当ての物が手に入らなかったとしても、足を運んでくれているので、別の商品を購入してくれる可能性が高くなります。

心理誘導によってテンションを上げる

DM作成において、顧客の心をキャッチすることは大切であり、難しいことでもあります。そこで、何通も送りつけることで、少しずつ顧客のテンションを上げる方法がオススメです。最初は『特別情報のお知らせ』というようにスタートさせ、顧客に受け取る準備をしてもらいます。そこから、今回の案内が何なのか、どういう目的のものなのかを少しずつ明かしていくと良いでしょう。少しずつ明かすことで、顧客は『早く次が知りたい』という状態になり、もう待ちきれない状態にすることができます。次にいつ送るかを記載しておけば、受け取る準備をより強めることもできるでしょう。このように、顧客に『待ち』の状態でいてもらい、『次が知りたい』というテンションにすれば、最後に知らせる『価値ある情報』が、必要以上に大きなインパクトを与えます。

圧着はがきの印刷~発送までOK。サポートも安心! ふちのり圧着(A4-4P)1万部で1通88.9円! 最安で、安心のDMの作成、宛名印字、郵便料金、全てご提案できる体制が整っております! 圧着2ツ折はがきやふちのり圧着、通常はがきDMや小ロットオンデマンド印刷等が、当社のオススメ商品です! ムダな郵便料金を支払っていませんか?DMパックは広告郵便を利用したお得なDM作成をご提案しています。 安くて早いDMを作成したいなら当サイトへ

Theme by Anders Norén